アイヌ民族博物館HOME  >   ルイカ・プロジェクト 世界に向けて、アイヌ文化と地域・人・文化を「つなぐ」プロジェクト

ルイカ・プロジェクト 世界に向けて、アイヌ文化と地域・人・文化を「つなぐ」プロジェクト

当館では今に生きるアイヌ民族が、自らアイヌ文化と「つながる」ことをテーマとして、各地域との連携に向けた橋渡しを進める「ルイカ・プロジェクト」(ルイカとはアイヌ語で橋の意味)を立ち上げ、2020年の「民族共生の象徴となる空間」開設に向け、世界に向けて広く開かれた博物館としてさらなる飛躍を目指してまいります。

ルイカ・プロジェクト実績紹介

2015.7.29

サーミ族・アボリジニの皆さんと白老の小学生文化交流  来館したのはオーストラリアの先住民族アボリジニの音楽グループ「ヤーワ」の男性3人と、ノルウェーの先住民族サーミの女性歌手、エーリン・コーヴェンさん。町内の萩野、竹浦、虎杖3小学校の児童59人は町教委が主催する「ふれあい地域塾」の一環で来館しました。

2015.7.17

田中酒造株式会社×アイヌ民族博物館 アイヌ伝統の酒復刻プロジェクト カムイトノト 神々や先祖への贈り物として、アイヌ民族の儀式に欠かせない伝統的なお酒。アイヌ民族博物館監修のもと、小樽田中酒造により「トノト」を現代に復元させました。発売記念プレス発表会の様子はコチラから ▶

《小樽・田中酒造》

2015.2.3

ケネディ米大使、アイヌ民族博物館を視察  キャロライン・ケネディ駐日米国大使が2月3日、北海道を初めて公式訪問し、当館にご来館いただきました。博物館資料や古式舞踊の見学、ござ編みの体験や、ミュージアムショップにてお買い物を楽しんでおられました。

2015.2.3

松浦武四郎記念館姉妹間提携《松浦武四郎記念館》 三重県松阪市の松浦武四郎記念館との姉妹提携を結ぶとともに、特別展「共生の世界へ。松浦武四郎とその時代展」を開催。当館は開館 30 周年、記念館は開館 20 周年を迎える、記念すべき年に姉妹提携を結ぶこととなりました。

2014.8.27

ポロト湖フォトウエディング  《株式会社 エル・ワーク》  ポロトコタンには、美しい水辺ポロト湖がひろがり、おふたりをより神聖な気持ちにさせてくれます。カムイの祝福のもと、ウエディングドレスとアイヌ民族衣装の独創的なフォトウエディングで、新しい出発の第一歩を「感謝」から踏み出してみませんか。