ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C153. ペペシチカプと水害(カポチカ)

あらすじ


 私はペペシチカプという鳥。洪水でアイヌの村が流されるのを心配し、アイヌに教えようと川を鳴きながら遡っていったが、サマユンクルは私を悪い鳥ときめつけ逃げようとはしなかった。一方、オキクルミは礼拝しつつ、良い鳥が人間に洪水が来ることを教えているのだから、人々に逃げろと言っていた。サマユンクルの村は村ごと人間も流されてしまった。それを見たペペシチカプが流された村を見てすっかり驚いてしまった、という自叙物語。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー