ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C176. ペペシ鳥と水害(カポチカ)

あらすじ


 私はペペシチカプという鳥です。洪水を知らせるために鳴きながら川を遡って飛んでいくと、サマユンクルの村の上にさしかかりました。私の鳴き声に対してサマユンクルは「何を鳴いているのやら、馬鹿な鳥め」といって私を罵ったので腹を立てました。なお上流に向かって飛んでいくと、今度はオキクルミの村の上にさしかかりました。私の鳴き声に対し、オキクルミは拝礼し「偉い神様が洪水が来ることを知らせているぞ。村人たちよ、早く高いところに逃げろ」と指示しました。村人たちがいう通りに逃げていく様子を見て私は感心し、後で後ろを振り返ってみると、洪水が来てもオキクルミの村の村人たちはみんな逃げて生き延びることができましたが、サマユンクルの村の村人たちはみんな水につかって死んでしまいました。オキクルミが後々まで私に感謝して祈る様子に私はすっかり感心したのでした。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー